予約して高速バスに乗車する際は、余裕を持って受付を済ませましょう

高速バス利用ナビ

高速バス乗車までの一例

乗車のために予約をする

高速バスは予約制となっているため、事前に予約をする必要があります。金沢の高速バス会社への予約は電話やインターネットからの予約が一般的ですが、バス会社によっては窓口で直接チケットを売っている場合などもあります。一例として挙げると、まずインターネットで予約をすると、予約番号の控えがでてきます。この予約番号の控えをコンビニの端末から入力して申込券を発行することができます。

支払いをする

発行された申込券は、コンビニでそのまま決済をすることができます。コンビニで決済をすると領収書の控えが渡されます。予約が完了していれば当日の受付員に名前を伝えるだけで大丈夫ですが、もしものときに備えて領収書の控えは高速バスを利用する当日も持ち歩いておきましょう。トラブルなどが起きても、領収書の控えを見せることで料金を支払っているという証明書となります。

集合場所に行き乗車前の受付をする

当日はバス停や集合場所に行き、乗車の受付をしてからの乗車となります。受付が混んでいる可能性などや、集合場所が見つけられず迷ってしまう可能性などもあるため、バス会社などに連絡して事前に集合場所を確認しておきましょう。時間に余裕を持って到着することで混む前に受付を済ませることもできますので、当日はゆとりをもって集合場所に行くようにしておくと安心です。

高速バスに搭乗

受付が済んだら、乗務員の方に手荷物以外の荷物を預けていざ乗車となります。係員さんが席を教えてくれたり、入り口付近に座席表が貼っていることもありますので、席で迷うことは殆どないでしょう。

広告募集中